おかげさまで

本当に皆様のおかげで目の回る毎日です。

そして私は、スポンジのように経験を
吸収して、皆様にご還元しております。

大変にお待たせいたしましたが、
実損保険の病気編 です

怪我編はこちら

病気編でのポイントは、、、

保証されない項目!です

どこの保険会社も条件は同じです。
(支払いの速度やスムーズさは会社によって対応が変わります)

約款にはこうあります

会社は、次の事由に原因として生じた入院医療費は補償しません。

1.被保険者が故意に自分を害した場合。ただし、被保険者が心神喪失などで自由

な意思決定を行うことができない状態で、自分に害を与えることが証明された場合には、梁

上します。

2.保険受取人が故意に被保険者を害した場合。ただし、その保険受取人が保険金の

いくつかの保険受取人である場合には、他の保険受取人の保険金は支払われます。

3.契約者が故意に被保険者を害した場合

4.被保険者が正当な理由なく入院期間中、医師の指示に従わなかったり、医師が

通院治療が可能であると認めも関わら被保険者本人が恣意的に入院して足

センハン入院医療費

会社は「韓国標準病気のサインの分類」に基づく次の入院医療費については、補償しない

ありません。

1.精神および行動の障害(F04~F9)

(ただし、F04~F09、F20~F29、F30~F39、F40~F48、F90~F98と関連した治療で

発生した「国民健康保険法」による療養給与に該当する医療費は補償します)

2.女性生殖器のnon-inflammatory障害に起因する習慣性流産、不妊と人工授精関連合併症

(N96〜N98)

3.被保険者が、妊娠、出産(帝王切開を含みます)、産後期入院した場合、

(O0〜O9)

4.先天性脳疾患(Q0〜Q04)

5.肥満(E6)

6.尿失禁(N39.3、N39.4、R32)

7.仕事や肛門疾患の「国民健康保険法」による療養給与に該当しない

部分(I84、K60〜K62、K64)

会社は、次の入院医療費については、補償はありません。

1.歯科治療(K0~K08)と漢方治療(ただし、「医療法」第2条の規定による漢方医を第

ウェハン「医師」の医療行為によって発生した医療費は補償し)で発生した「国民健康保険法」による療養給与に該当しない非給与医療費

2.「国民健康保険法」による療養給与の本人負担金の場合、国民健康保険管

連法令に基づいて、国民健康保険公団から事前または事後還付が可能な金額

(本人負担金の上限制)

3.「医療給与法」による医療給付のうち、本人負担金の場合、医療給与関連法令

により医療給付基金などから事前または事後還付が可能な金額(「医療給付

法」による本人負担金補償と本人負担金の上限制)

4.健康診断(ただし、検査の結果異常所見に基づいて健康検診センターなどで発生した追加の

料の費用は補償し)、予防接種、人工流産にかかった費用。ただし、会社が補償する

病気の治療を目的とする場合には、補償します。

5.栄養剤、ビタミン剤、ホルモン投与(ただし、国民健康保険の療養給与基準に該当

する思春期早発症を治療するためのホルモン投与は、補償し)、ボシンヨン投薬、親

者確認のための診断、不妊検査、不妊手術、不妊復元術、補助センシクスル(体内、体

外人工授精を含んでいます)、成長促進、医薬部外品に関連して要した費用。多

が、会社が補償する病気の治療を目的とする場合には、補償します。

6.次のいずれかに該当する治療により発生した医療費

が。単純な疲労や倦怠

私。そばかす、タモ、無謀、白毛症、タルギコ(ジュサビ)、ドット、斑(被保険者の加入

年齢が胎児である場合、火炎サンモ半などの先天性非新生物性斑(Q82.5)は補償

し)、いぼ、にきび、老化現象に起因する脱毛などの皮膚疾患

である。勃起不全(impotence)。不感症、単純コゴルウム(睡眠時無呼吸(G47.3)は補償し

です)、治療を伴わない単純な捕鯨(phimosis)、「国民健康保険療養

給与の基準に関する規則」第9条第1項([別表2]非給与対象)による業務

または日常生活に支障がないゴムヨルバンなどの眼疾患

7.入れ歯、ウイスジョク、議案、眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器、松葉杖、アームレスト(Arm Sling)、ボー

早期など診療材料の購入と代替の費用。ただし、人工臓器などの身体に移植され、その

機能の代わりをする場合には、補償します。

8.下に列挙された国民健康保険非給与対象に、身体の基本的な機能の改善を目的にああ

ニン外観の改善を目的の治療により発生した医療費

が。二重まぶたの手術(二重剣の手術。ただし、眼瞼下垂、眼瞼内反などを治療するための

視力改善を目的の二重剣の手術は補償し)、鼻の整形手術(隆鼻術)、乳房確認

大(ただし、乳がん患者の乳房再建術は補償し)・縮小術は、脂肪吸引術、しわ除去術など

私。斜視矯正、眼窩隔離症(両眼を覆っている骨と骨の間の距離が広い

症状)の校正などの視覚系の手術として、視力の改善目的ではなく外観の改善を目的の

手術

である。メガネ、コンタクトレンズなどを交換するための視力矯正(国民健康保険療養給与の

上の手術方法や治療材料が使用されていない部分は、視力矯正に表示されます)

なさい。外観の改善を目的の脚静脈瘤の手術

よ。その他外観の改善を目的の治療に国民健康保険非給与対象に該当する治療

9.診療とは無関係各種費用(TV視聴料、電話代、各種ジュンミョンリョなどを指し)、の

社の臨床的所見とは関係のない検査コスト、看病費

10.労災保険で補償される医療費。ただし、自己負担医療費は、第3条(保証種目別ボー

上の内容)(3)病気入院第1項、第2項及び第4項から第10項の規定により補償します。

1.ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染に起因する治療費(ただし、「医療法」で定められた

医療関係者の診療上または治療中の血液によるHIV感染は、診療記録を介して客

ミスティック・で確認されている場合は補償します)

12.「国民健康保険法」第42条の療養機関ではなく、外国の医療機関から足

センハン医療費

はい、解説です!

会社は、次の事由に原因として生じた入院医療費は補償しません。

1.被保険者が故意に自分を害した場合。ただし、被保険者が心神喪失などで自由

な意思決定を行うことができない状態で、自分に害を与えることが証明された場合には、梁

上します。
→わざとはいけません。
※故意や犯罪行為、自動車事故や労災は、国民健康保険自体が適応されません!(OMG~~)
 よって、国民健康保険のトンネルをくぐっていないので、実損保険も適応されないわけです。
 


2.保険受取人が故意に被保険者を害した場合。ただし、その保険受取人が保険金の

いくつかの保険受取人である場合には、他の保険受取人の保険金は支払われます。
→わざとはいけません。

3.契約者が故意に被保険者を害した場合
→わざとはいけません。

4.被保険者が正当な理由なく入院期間中、医師の指示に従わなかったり、医師が

通院治療が可能であると認めも関わら被保険者本人が恣意的に入院した入院医療費
→お医者様の診断や、処方があって初めて使えます。
 通院でも治せますよというのに入院しますと押し切っても保険会社からは
 お金がもらえません



会社は「韓国標準病気のサインの分類」に基づく次の入院医療費については、補償しない

ありません。

→韓国には、病気にコードという番号がついています。
 以下のコードのものは保証されません。

1.精神および行動の障害(F04~F9)

(ただし、F04~F09、F20~F29、F30~F39、F40~F48、F90~F98と関連した治療で

発生した「国民健康保険法」による療養給与に該当する医療費は補償します)
→給与部分の医療費のみ補償、非給与は対象外

2.女性生殖器のnon-inflammatory障害に起因する習慣性流産、不妊と人工授精関連合併症

(N96〜N98)

3.被保険者が、妊娠、出産(帝王切開を含みます)、産後期入院した場合、

(O0〜O9)

4.先天性脳疾患(Q0〜Q04)

5.肥満(E6)

6.尿失禁(N39.3、N39.4、R32)

7.仕事や肛門疾患の「国民健康保険法」による療養給与に該当しない

部分(I84、K60〜K62、K64)

会社は、次の入院医療費については、補償はありません。
→給与部分の医療費のみ補償

1.歯科治療(K0~K08)と漢方治療(ただし、「医療法」第2条の規定による漢方医を第

ウェハン「医師」の医療行為によって発生した医療費は補償し)で発生した「国民健康保険法」による療養給与に該当しない非給与医療費
→給与部分の医療費のみ補償、歯もダメですね

2.「国民健康保険法」による療養給与の本人負担金の場合、国民健康保険管

連法令に基づいて、国民健康保険公団から事前または事後還付が可能な金額

(本人負担金の上限制)
→国の自己負担上限制で国からお金を返してもらった分は保険会社から
 お金貰えないか、貰ったら返す必要があります

  自己負担上限制についてはこちら

3.「医療給与法」による医療給付のうち、本人負担金の場合、医療給与関連法令

により医療給付基金などから事前または事後還付が可能な金額(「医療給付

法」による本人負担金補償と本人負担金の上限制)

4.健康診断(ただし、検査の結果異常所見に基づいて健康検診センターなどで発生した追加の

料の費用は補償し)、予防接種、人工流産にかかった費用。ただし、会社が補償する

病気の治療を目的とする場合には、補償します。
→健康診断で健康で追加検査もない場合はもらえません

5.栄養剤、ビタミン剤、ホルモン投与(ただし、国民健康保険の療養給与基準に該当

する思春期早発症を治療するためのホルモン投与は、補償し)、ボシンヨン投薬、親

者確認のための診断、不妊検査、不妊手術、不妊復元術、補助センシクスル(体内、体

外人工授精を含んでいます)、成長促進、医薬部外品に関連して要した費用。多

が、会社が補償する病気の治療を目的とする場合には、補償します。

6.次のいずれかに該当する治療により発生した医療費

が。単純な疲労や倦怠

私。そばかす、タモ、無謀、白毛症、タルギコ(ジュサビ)、ドット、斑(被保険者の加入

年齢が胎児である場合、火炎サンモ半などの先天性非新生物性斑(Q82.5)は補償

し)、いぼ、にきび、老化現象に起因する脱毛などの皮膚疾患

である。勃起不全(impotence)。不感症、単純コゴルウム(睡眠時無呼吸(G47.3)は補償し

です)、治療を伴わない単純な捕鯨(phimosis)、「国民健康保険療養

給与の基準に関する規則」第9条第1項([別表2]非給与対象)による業務

または日常生活に支障がないゴムヨルバンなどの眼疾患

7.入れ歯、ウイスジョク、議案、眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器、松葉杖、アームレスト(Arm Sling)、ボー

早期など診療材料の購入と代替の費用。ただし、人工臓器などの身体に移植され、その

機能の代わりをする場合には、補償します。

8.下に列挙された国民健康保険非給与対象に、身体の基本的な機能の改善を目的にああ

ニン外観の改善を目的の治療により発生した医療費

@二重まぶたの手術(二重剣の手術。ただし、眼瞼下垂、眼瞼内反などを治療するための

視力改善を目的の二重剣の手術は補償し)、鼻の整形手術(隆鼻術)、乳房確認

大(ただし、乳がん患者の乳房再建術は補償し)・縮小術は、脂肪吸引術、しわ除去術など

@斜視矯正、眼窩隔離症(両眼を覆っている骨と骨の間の距離が広い

症状)の校正などの視覚系の手術として、視力の改善目的ではなく外観の改善を目的の

手術

@メガネ、コンタクトレンズなどを交換するための視力矯正(国民健康保険療養給与の

上の手術方法や治療材料が使用されていない部分は、視力矯正に表示されます)

なさい。外観の改善を目的の脚静脈瘤の手術

よ。その他外観の改善を目的の治療に国民健康保険非給与対象に該当する治療

9.診療とは無関係各種費用(TV視聴料、電話代、各種ジュンミョンリョなどを指し)、の

社の臨床的所見とは関係のない検査コスト、看病費
→この看病費というのが厄介で、現金支払いで一日7万ウォンほどします
 日本とは違いますね。完全看護の病院も増えているそうですが、、、
 

10.労災保険で補償される医療費。ただし、自己負担医療費は、第3条(保証種目別ボー

上の内容)(3)病気入院第1項、第2項及び第4項から第10項の規定により補償します。

11.ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染に起因する治療費(ただし、「医療法」で定められた

医療関係者の診療上または治療中の血液によるHIV感染は、診療記録を介して客

ミスティック・で確認されている場合は補償します)

12.「国民健康保険法」第42条の療養機関ではなく、外国の医療機関で発生した医療費

→韓国国内のみで利用可能で、3か月以上韓国を離れる場合は解約ではなく
 払い込みを止められます


お客様でたまにいらっしゃるのが、国民健康保険が一時的に切れている方!

こういった方は医療費の40%だけが支払われます。

保険というものは常に勉強で、これだけ勉強してここには書かない
有用な情報というのも沢山あります。
(保険は請求してみないと保険会社によって対応が違うので
公言できない部分が非常に多いのです)

保険は入って、補償を受けることが大切です。

おまけを沢山くれるネット販売のひな形になっている
保険には入らないことをお勧めします、、、

わたくしのお客様は済州島にも♪
韓国全土カバーしてます★

お問い合わせは
010-2962-0207

グローバルインスター保険代理店
中嶋 晴美FC(韓国AFPK勉強中、、、)