こんにちは♪
保険代理店の中嶋です


ガンと言っても保険会社のガンには
色々な種類があります

ガン
 
  一般ガン 
     Cコード
      以下に書かれていないガン

  少額ガン
    前立腺、子宮がん、乳ガン、膀胱ガン

  類似がん
    甲状腺がん、その他皮膚ガン、0期ガン、境界線がん

こんな風に分かれていますが、

通常、がん診断金には一般のがん(Cコード)と 
少額がんが保障対象になっており、
類似がんは別途特約に加入する必要があります。

一時期のがんは甲状腺がんが300万ウォンなど
少額しか保証が入りませんでしたが、現在は
枠が広がって、甲状腺がんも1000万ウォン以上の保証を
準備することが可能です。

甲状腺がんは、初期は非常に治療しやすいがんで
知られていますが、リンパ線に近いため、転移のリスクが
高く、通常のがん保険の基本特約は転移は保障対象外なので
転移してしまったのに、一番最初にがん細胞が出たところが
甲状腺ということで診断金が少額になってしまうことがあります。


また一部生命保険会社のがん特約は
乳がんは少額がんで、同様に少額の保険金が支給という
設計になっていることが多くあります。

ご自分が持っている保険商品の補償内容
どうなっているのか、自分の認識と合っているのか
確認してみてください!

また、お手持ちの保険が高くて困っているという方は
がん特約が100歳満期に設定されてないか見てみてください。
これを90歳、80歳に下げるだけでも保険料が下がるはずです。

どう見てもわからない!という場合は

AA"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
ミ・・彡  生命保険・年金保険・がん保険・自動車保険
(  )ノ 保険の事なら 韓国総合保険代理店
 u u   韓国保険コンサル 
       中嶋晴美
      LINE nakagma
      010-2962-0207 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
までお問い合わせください~