こんにちは!
グローバルインスターの中嶋です。

今日は連投です!

今日は한화생명 のプレゼンがありました~。

特に印象深かったのは終身保険の
プレゼンでしたが、、、まさに財テク。


通常、終身保険というのは
万が一の場合、家族の学費や生活のために
加入しますよね。

多くは家長のお父さんが加入して、
お父さんの死亡保障をしてその役目を
終えますが、、、、
正直、お子さんが自立されれば
死亡保障よりは、年金など変換するか
積立金を引き出して満期で終わる
というのが大体の流れですが、、、

韓国の終身保険にはさらに、、、

契約者を子供に変更して
積たて金を相続するということが可能なのですが、、、
残念ながら積立金の変更だと利子が1%台に
落ちてしまうのです。。。

そこで、한화생명の驚くべき機能、、、

なんと非保険者も配偶者、子供、孫に変更可能なのです!

これがどういうことかというと、

変更したい人間が、配偶者、子供、孫で
年齢が15歳から70歳であれば、
父親からたとえば子供にそのまま
積立金ではなく、その終身保険を渡すことができるのです!
(もちろん贈与税は発生します)

たとえば、今金利が한화생명の場合は年2.75%
ですが、、、

今一般の銀行の基本金利は年1%台。
加えて利子に税金が発生します。

終身保険は10年維持すれば利子に対する税金が
免税されます。

死亡保障に加え、その間お父様が払い込まれた
保険料と、2.75%の非課税、
さらに200%追加払い込み枠を得ることができるのです!

今日本はマイナス金利で、
韓国も日本のあとを追うのではといわれています。

韓国もちょっと前までは金利5%の時代もありましたが
毎年確実に下がっています。

2.75%も来年には過去のものとなるでしょう、、、(遠い目)

とにかく!この2.75%の年複利を2世代にだわって
確保できる機能がある!
しかも、被保険者を変更後は事業費がほぼなく、
2年目から返戻金が100%を超え始めるんですから
これまたすごい。

ということでした。


じっとしていてはお金が増えない時代ですね~。